雨漏りの修理を依頼したい理想的な業者

雨漏りが発生したときに、依頼したい理想的な業者は、家を建築した工務店です。新築したときの工務店に連絡して、依頼するのが理想的です。工務店によっては自社施工ではなく、屋根施工を専門業者に委託している場合もあるのですが、その場合は工務店から専門業者に連絡してもらえます。いずれにしても家を建築したときの担当者に依頼しますので、雨漏りの原因も正確に把握しやすいメリットがあります。

雨漏りの修理で重要なポイントは、正確な原因を把握することです。正確な原因を把握できなければ、いかなる修理や修繕などの工事を施工しても、雨漏りがなくなりません。雨漏りと言っても、一時的に水滴が落ちている場合もありますし、普段は屋根から雨が入っていても室内まで到達できない場合もあります。雨漏りの修理を依頼するからには、正確な原因を把握してもらい、的確に修理や修繕をしてもらう必要があります。

家を建築したときの工務店ならば、設計図面を見て、屋内環境の水の流れも把握できます。屋根から入ってしまった雨は、そのままストレートに室内に落下すると言うよりも、柱や壁を伝っていきます。梁を伝うと、水平方向に水が移動しますので、室内の水滴の落ちる場所と、屋根の穴の位置が垂直の関係になりません。雨漏りの修理で注意したいのは、水滴が落ちてくる場所の真上に原因があるとは限らない点です。

設計図や施工図面を見て、柱と梁の内部構造を理解したうえで水の流れを推測できるので、家を建築したときの工務店に雨漏りの修理を依頼するのが理想的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です